糸の音ロゴ
糸の音
設立目的
2006年11月29日号で日本繊維新聞で紹介されました。 詳しくはこちら
「糸の音」の設立は、昭和49年です。 新しい感覚のある青年有志が、西桂織物工業組合の指導のもとに西桂織物研究会として設立されました。 名称を「糸の音(いとのね)会」と言います。名前の由来は、機織りの標準行程の中に機巻きという行程があります。昔は糸が濡れたままお巻きを 作りました。そのとき、縦糸を並べ、ある程度のデンションをかけ糸さばきを良くするために、指先で糸をつまみ、はじく時の「音」、また、 織り上がりの機をたたみ、手のひらで反物をこすった時にでる機鳴りの「音」、これらを合わせ、糸の音会と名付けられたと言われています。
 
↑↑このページの先頭に戻る↑↑
活動内容
現在の主な活動は新製品開発のための基礎的調査及び研修、展示発表会への参加等です。今までの開発製品は、特殊紋織り名刺の試作、楊柳夜具 座布団の開発、紗織、平組織併用薄手スカーフ、ネクタイ、アパレル、ニードルバンチ等、試作研究です。 さらにこれからは、このWebページ作成を機に「糸の音」ブランドの製品を製作し、業界だけではなく多方面の方に織物の町「西桂」をアピー ルして行きたいと思います。 このページでは、これまでの活動内容を写真を利用して紹介していきます。
展示会写真
2006ジャパンクリエーション「糸の音」出展ブース
展示会写真
2006年よりティッシュプリミエ
(仏・リールのテキスタイルの展示会)に出展中
山梨館写真
東京日本橋の山梨館にて定期的に即売会を開催
即売会写真
ネクタイ・ストール・傘など高級品をリーズナブルな価格で販売
↑↑このページの先頭に戻る↑↑
ニュース
インターネットの特性を生かし、展示会(ジャパンクリエーションやティッシュプリミエ)等の出展スケジュール・出展作品・入賞作品や日本橋 プラザ山梨館における即売会などの予定を、また和紙・モルフォテックスなどの新製品をリアルタイムで更新して行きたいと思います。
特別賞受賞写真
2006ジャパンクリエーションにて特別賞受賞
詳しくはこちらへ(山崎織物)
新素材雑貨写真
新素材モルフォーテックスを使用した雑貨を試作中です
(山崎織物)のことはこちら