西桂町の歴史とマップ
西桂町を含む富士北麓地方は「郡内」地域といわれており、山中湖を源とする桂川に沿った、耕地の少ない冷涼の土地です。郡内織物の歴史は古く、 江戸時代に入って絹織物が盛んになりました。
郡内織は外来のものを寛文年中に織りだした物で、「海気」「海黄」と呼ばれて、その種類も『郡内縞』 『白郡内』『郡内太織』『織色郡内〜別名郡内海気』や『郡内平』というはかま地等がありました。
「甲斐噺」という書には、【郡内領より織り出され候絹、−ヶ年に大概五万匹余も之れ有るべく、これによって郡内のかいこの糸ばかりにては不足の由 、但し、白絹の上には、真木・花咲(中略)夏はかま地は、暮地、小沼(西桂町)と申す村より多く織り出す。】とあって、西桂町のはかま地は、江戸 の人士に大人気であったようです。
「甲斐絹」は元来がカイキというのを、初代山梨県令藤村紫郎氏が、明治何年かに、産業振興のため郡内織〜カイキ を甲斐の特産品とすべく、「甲斐絹」の文字を宛てたものだといわれています。
明治時代に入ってからは、郡内海気といわれていた玉虫甲斐絹とか、さまざまな色糸を配した縞甲斐絹、思う図柄をタテまたはヨコ糸に書いて染めた絵 甲斐絹などが織られましたが、中でも無地甲斐絹は全盛を極めたとのことです。
明治二十年前後は、郡内ではじめての組織団体「甲斐絹改良組合」が、西桂町小沼に設立されました。
明治三十七・八年の日露戦争後の好景気によって、 ジャガードなどの機械も導入され始め、水車設備の普及などによって、生産量は急増、同三十九年の郡内地区の総生産量は、三九五、六二二疋までなく 絹・人絹交織甲斐絹・双人甲斐絹などが登場し、人絹使用による価格の安い一般大衆向きの品として喜ばれました。明治末年から大正時代は郡内織物の 大変革期でした。
昭和になると、電力が動力源として利用されるようになり、戦前の最盛期を迎えました。紬裏地が好評を博し、朱子を中心に平織・綾織などの服裏地が 全国的に確たる位置を占め、八端の夜具地・座布団地・洋傘地と多様な製品が生産され、西桂町でも「茶美紗」とよばれたタフタが織られて、郡内織物 が盛況であった時期です。
現在、西桂町で生産されている織物はネクタイ、マルラーストール、洋傘、座布団地、服裏地、婦人服地などで町の基幹産業 となっています。
西桂町は意外と首都圏に近い位置にあります(日本橋から約100km)
西桂町
西桂町のマップですクリックすると拡大します
マップ小
経路